書籍詳細

これでいいのか静岡県静岡市

  • 【地域批評シリーズ】

「駿河ボケ」とも揶揄されるのんびり気質の静岡市民

東には名峰・富士山、北に南アルプスの山々など 三方を山に囲まれ、南は駿河湾に接する温暖な地、静岡市。 紆余曲折あったものの、2003年には隣接する清水市と合併して新・静岡市が発足。 2005年には政令指定都市に移行し、市内は葵区、駿河区、清水区の行政区に分かれた。 その後も蒲原町、由比町との合併を果たして人口は71万人を超え、 合併した当時は国内でもっとも面積の広い都市となった(現在は5位)。 まさしくメガ・シティーの誕生である。 ただ、静岡市にとって政令指定都市になるメリットは本当にあったのか? お役所組織の整理統合、人件費削減、行政の効率化はそれなりに達成できたようだが、 巨大化したことによって必要に迫られた過疎地対策、高齢者の増加、 さらにトータル的なまちづくりや外に向けたPRはあまりうまくいっていないという意見もある。 本書では、愛すべき静岡市、 その広い、広すぎる市域(葵区の山間部は政令指定都市の一部にはとても見えない! )を 歩き、走り、取材によって現実を見聞きし、さらにさまざまなデータを徹底的に検証した。 現在の静岡市の真実、通奏低音に迫ると共に、 「閉鎖的独立国家」から脱却すべきか否か、 その来たるべき未来を展望していくことにしよう。

これでいいのか静岡県静岡市
発売日
2017年02月25日
価格
1,012円(本体920円+税10%)
サイズ
文庫
ISBN
9784896376142

購入先一覧

  • Amazon
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYA online
  • honto
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
  • ヨドバシ.com

※欠品または販売が終了している商品リンクもございます。

※発売日は流通、地域により表示した日付と前後する場合があります。

いちばん上まで戻る