書籍詳細

日本の特別地域 特別編集98 これでいいのか滋賀

  • 【日本の特別地域】

滋賀県には琵琶湖しかない。

これはいわば関西の一般常識で、他にもお隣の京都人からはゲジゲジだったり、滋賀作だったりといわれ放題。挙句の果てには、滋賀県民でさえ「琵琶湖以外には何もない」と認めてしまう始末。 そんなわけで関西でのヒエラルキーにおいて、滋賀は京阪神から完全に見下されている存在だ。 そんなうだつが上がらない(ように見える)滋賀だが、県民は“滋賀ライフ"を満喫している。 その証拠に、2019年に行われたLINEのアンケート調査で、滋賀は幸福度全国1位。 さらに各自治体が実施している生活満足度調査も軒並み高いのだ。 暮らしやすければ人もやってくるというわけで、地方では珍しい人口増加県であり、湖南地方では受け入れ態勢を整えるべく、大規模な住宅開発が進められている。 実際、移住者の評判は子育て支援の充実もあり上々。 自慢の第2次産業は相変わらず堅調で、完全失業率は近畿でもっとも低く、仕事に困ることはほとんどない。 そんな幸福な暮らしが要因なのか、県民の平均寿命も健康寿命も全国トップレベル。 加えて最近は、近江ゆかりの明智光秀が大河ドラマの主役に抜擢され、県としての注目度も増すばかり。 さんざん地味だといわれ続けてきた滋賀だが、ついにブレイクのときがやってきたのか!? 本書では滋賀のイケてるデータを紐解きながら、現地住民の証言をもとにそのブレイクポイントを探り、住民たちが満足している“滋賀ライフ"の実態に迫っていく。 その一方で、どうしても他県には勝てないネガティブ・ポイントもあぶりだしつつ、 県内で起きているトピックや、各都市が抱える問題点にも着目してみた。 地域批評シリーズならではの視点で検証し、その強みと弱みを明らかにすることで、これまであまり知られて こなかった滋賀のポテンシャルや実力を改めて明らかにしていきたい。 滋賀が本当にブレイクを果たし、不遇の時を覆すことができるのか 県民が意識もしていなかった本来の魅力を掘り起こし、進むべき未来を論じていこう!

日本の特別地域 特別編集98 これでいいのか滋賀
発売日
2020年05月26日
価格
1,540円(本体1,400円+税10%)
サイズ
B5
ISBN
9784867160107

購入先一覧

  • Amazon
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYA online
  • honto
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
  • ヨドバシ.com

※欠品または販売が終了している商品リンクもございます。

※発売日は流通、地域により表示した日付と前後する場合があります。

いちばん上まで戻る