書籍詳細

これでいいのか埼玉県川口市

  • 【地域批評シリーズ】

やっぱりヘンだよ! 川口市民!! 旧住民・新住民・外国人の融和はある!?

2017年に人口60万人を突破し、翌年には中核市に移行した埼玉県川口市。
埼玉第2の都市だが、その特性は東京のベッドタウンである。何せ都心へのアクセスは抜群。

玄関口の川口駅周辺には、あの豊洲よりも早くタワマンが誕生。近年は2年連続で『本当に住みたい街大賞』にも輝いている。
そんなイケてるはずの川口だが、残念ながら街の存在感は希薄だ。かつては鋳物工場や違法風俗店のイメージが強かったが、それも今は昔で、新たに台頭した外国人の存在感ばかりが際立っている。市内では「新住民」「旧住民」「外国人」が独自の「川口ライフ」を謳歌しているとはいうものの、人種が入り乱れたグチャグチャな状態で、それぞれの市民が本当に満足した生活を送っているのだろうか。本書では歴史、市民性、問題点や課題を紐解きながら、謎に包まれた川口市の真実の姿を探っていく。

これでいいのか埼玉県川口市
発売日
2021年05月17日
価格
1,078円(本体980円+税10%)
サイズ
文庫
ISBN
9784867161388

購入先一覧

  • Amazon
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYA online
  • honto
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
  • ヨドバシ.com

※欠品または販売が終了している商品リンクもございます。

※発売日は流通、地域により表示した日付と前後する場合があります。

いちばん上まで戻る