書籍詳細

これでいいのか島根県

  • 【地域批評シリーズ】

これでいいのか島根県!  古さと最先端が入り混じる未開の地 島根の真相

これでいいのか島根県!
この一冊で島根県の全てがわかる!?

島根県の各地を徹底取材&データ検証!
そこで新たにわかった島根県と県民の新たな姿とは!?


今、島根県に一体何が起きているのか…

島根県は、「どこにあるかわからない都道府県」と揶揄されるくらい、国内での存在感が希薄だ。
首都・東京では「砂丘のあるところ」なんて、同じ山陰の隣県と誤解されるほどで、島根県としてのイメージはほぼ皆無。その要因は立地にある。交通インフラが脆弱で、とにかく現地に行きづらいのだ。
それはまるで「陸の孤島」で、日本に残された最後の秘境と言う人までいる。
こうしたイメージの形成には、明治以降の近代産業化に遅れ、戦後の高度経済成長期においても、中央から完全にスルーされてしまったことが大きく関係している。鉄道の敷設は山陽地方に比べて20年以上遅れをとり、次第に発展する広島県や岡山県へと人口は流出していった。

地元には目立った産業もないまま、松江・出雲市民を除く県民たちは、漁業や農業といった第一次産業で生計をやりくりするのが基本となった。というわけで農業立県を目指したものの、食品貿易が進んだために、その野望もあえなくご破算。そのため一家丸ごと離県するケースも相次ぎ、戦後から現代に至るまで、ほぼ一貫して人口減少を続けている。結果、65歳以上の人口割合は全国3位と高く、人口増減率はワースト11位と、典型的な少子高齢化社会となっている。こう言っちゃなんだが、島根県は近代以降ずっと苦杯を嘗め続けてきたのだ。

時代に取り残されてきた島根県。だがそれゆえに古くから残る風土や慣習、手つかずの大自然や歴史的遺構など、オリジナリティ溢れる魅力が少なからず残っている。徹底した管理体制で保護される世界遺産・石見銀山や、老若男女 を問わず全国から参拝者が訪れる出雲大社は県民の自慢。グルメだって新鮮な魚介類やソバなど「逸品」には事欠かない。交通インフラがいまだ不便で県内各地の交流が乏しいゆえに、出雲、石見、隠岐の旧3国は独自の風土をいまだ に残している。それぞれの街に根づいた歴史や気質は、古き良き「日本らしさ」「日本の姿」といってもいいだろう。

本書では、島根県が抱えているさまざまな問題点を取り上げるともに、県民が気づいていなかった島根県の本質や本来の魅力に迫っていく。果たして島根県は自身が持っているポテンシャルを最大限に発揮し、存在感を高めていくこ とができるのか? 一冊の紙幅を割いてその答えを論じていこう!

これでいいのか島根県
発売日
2020年10月09日
価格
1,078円(本体980円+税10%)
サイズ
文庫
ISBN
9784867160657

購入先一覧

  • Amazon
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYA online
  • honto
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
  • ヨドバシ.com

※欠品または販売が終了している商品リンクもございます。

※発売日は流通、地域により表示した日付と前後する場合があります。

いちばん上まで戻る